「世界」と「日本」の教育

January 10, 2020

世界最先端の技術者が集まるカリフォルニア・シリコンバレー。その技術者や投資家・経営者の子供が受けている最先端の教育を現地にて目の当たりにした結果、子供達の10年・20年後の生きていく社会を考えると現在の日本の教育では生きていけないと危機感を感じ、日本にいながらにしてこの教育を受けられるようにしなくてはいけないと思い立ち上げたのが、Silicon Valley Academyです。
ですが、時代はあっという間に変化を遂げていきます。
その度に、時代の変化についていったり、先を考えたりしていかないといけません。

SVAもこのような教育を取り組んでいます。
世界の教育は受験教育(第3次産業革命時代に対応)から、STEM・トライリンガル教育(第4次産業革命時代へ対応へ)
1・パソコンやSTEM(Science,Technoligy,Engineering,Math)を特別な教育とはせず子供達の興味を呼び起こすツールとして使用。

2・知識の量やテクニックの習得、スピードにこだわるのでなく子供のリテラシー(応用力・理解力)を無理なく養うことに重点をおく。

3・「教育」とは大人社会に出てからの人間コミュニケーションの予行演習ととらえ、知識をつけるのではなく、「遊び」を通して、「社会性」を身に着ける。

4・「まずは母国語」からという、語学が苦手な人が考えた根拠のない考えを捨て、スムーズに言葉を入れられる時期に言語を学習する。
 

Please reload

Featured Posts

日テレ(Oha!4 News LIVE)

May 1, 2018

1/7
Please reload

Recent Posts

March 24, 2020

March 19, 2020

March 11, 2020

March 9, 2020

Please reload

Archive