農園

 

 

 

 

 

Silicon Valley Academyでは、子供達に食育を学んでもらいたく、農園の一部をお借りしました。子供達が土いじりをしたり畑作業を通じて沢山の事を学べたらいいなと思いました。

3歳・4歳
●野菜が実ったら収穫し、料理する
●食器を美しく並べ、みんなでじっくり味わう
●食卓の後片付けもする。
●残ったものは、再び堆肥として畑へ

5歳
●種を蒔いたり、苗を植える
●みんなで草取りや水やりなどの世話をしながら育てる
●野菜が実ったら収穫し、料理する
●食器を美しく並べ、みんなでじっくり味わう
●食卓の後片付けもする
●残ったものは、再び堆肥として畑へ

3歳は収穫から始め、4歳5歳は、苗を植える事から始めます。一過性の体験実習ではなく、食について知り・話し合い・考えていくという食育プログラムを取入れます。

農業体験から学ぶ

●食べものの好き嫌いをなくす

●土作りや種蒔きから収穫までを自分たちの手で行うことにより、達成感を味わうことができ、自信や自己肯定感につながる

●「きちんと手間ひまをかけて取り組んだことは、実りにつながる」ということが体験でき、物事を途中で投げ出さずに頑張る。根気が身につく!

●育てること・料理すること・味わうことを通して、“食を楽しむ”姿勢が身につく。また、野菜の“旬”を知ることが出来る

●家庭でも話し合うようになり、親子の会話や家族団らんの時間が増える

 

そして子供たちが少しずつお手伝いをするようになったら、「ありがとう」「助かった〜」「おいしい野菜ができたね」と声がけをし、やる気のスイッチを押してあげたいものです。

難しい理屈は抜きで、“楽しさ”や“美味しさ”を体験してもらいたいです。そうしていく中で、子供たちはいつの間にか、かけがえのない学びを積み重ねていくと思います。

Silicon Valley Academyでは沢山の授業がありますが、この農業体験を通して将来の目標の1つになればと思っています。

 

Please reload

Featured Posts

日テレ(Oha!4 News LIVE)

May 1, 2018

1/7
Please reload

Recent Posts

November 7, 2019

Please reload

Archive