top of page
検索
  • 執筆者の写真sva2017

第2回: アート思考と総合的な学習

前回は、幼児期からのアート思考の育成が子供たちの創造性や感情表現能力を発展させる重要性について考えました。今回は、アート思考がSTEAM教育の中でどのように総合的な学習に寄与するかについて掘り下げてみましょう。


アート教育は、幼児期からの総合的な学習を支える要素となります。子供たちはアートを通じて、色彩、形状、パターンなどの基本的な要素を学び、それらを組み合わせて新しいアイデアや表現方法を生み出すことを体験します。この過程で、彼らは問題解決能力や論理的思考を発展させる手助けとなるのです。


アートはまた、STEAM教育の他の要素と結びつくことで、実際の世界の課題に対するアプローチを促進します。例えば、科学的な実験をアートの要素と組み合わせることで、子供たちは新たな発見や理解を得ることができます。また、テクノロジーや工学の原則をアート制作に応用することで、創造的な成果物を生み出すことができるのです。


次回では、アート思考が数学や自然科学とどのように結びつくことで、子供たちの興味や学習体験を豊かにするかを考えてみましょう。

閲覧数:13回0件のコメント

Comentários


bottom of page