検索

サイエンスクラス:火山の噴火を再現

重層と酢が触れ合うと、化学反応が急速に起こり、ガスが発生する原理を利用して、火山の噴火を再現できるおもしろい科学の実験をしました。 粘土で作った火山の噴火口から、二酸化炭素ガスがもくもくと発砲しながら出てくる様子から、実際の噴火の仕組みを楽しく学ぶことができます。 この噴火の仕組みは、炭酸飲料を振ったら、泡がプシューと勢いよく出てくるのと同じ原理です。 1:ご挨拶 2:どんな恐竜を知ってますか? 3:恐竜図鑑 4:火山について 5:粘土で山を作ろう 6:化学反応で噴火させよう 材料 * 重層(ベイキングソーダ) * 酢(酢酸) * 食品着色液 恐竜が絶滅した原因と言われる、大規模な小惑星衝突が激しい火山噴火を連続的に誘発し恐竜の絶滅につながったお話をさせていただき、噴火する様子の動画を観ました。噴火はどんな感じなのか?話していたら、園児の中には「火は怖い」と本当の火だと思って怖がってました。化学反応で噴火させたら、「もっとやりたい!」と非常に楽しんでました。

ピアノ・リトミッククラス

はじまりのごあいさつ(きをつけ・礼) ①ウォーミングアップ(使用曲:さんぽ) ②合奏(使用曲:ジングルベル) 鍵盤チーム、鈴チームに分かれて練習 ③リトミック ・いとまき ④BGM付き絵本(使用本:とまとさんにきをつけて) ⑤効果音付き絵本 使用本:くるくるなぁに? おしまいのごあいさつ(きをつけ・礼) 本日はクリスマス会の出し物の練習をしました。鍵盤担当は新しいメロディの練習を、鈴担当は鈴の鳴らし方と鳴らすタイミングを学びました。自分たちでやりたい!と言って選んだ楽器を一生懸命練習しています。 今日はずっと鍵盤を弾いていました。弾いている時の力の抜き方などとても上手でした。好きなようにいろんな音を弾かせてもリズムを自分でとりながら弾くので心地の良い曲になり本人も気持ちよさそうでした。いとまきの手遊び歌は本当に大好きで何度も遊びました。絵本にも積極的に参加していて、話の展開が面白かった様子でたくさん笑っていました。

English class:two years old

Today’s Curriculum: body parts , colors , shapes , Alphabet and numbers . Focus: body parts ( face parts , arms , legs , feet , hands , finger ) , shapes. Review: colors and some fruits . Worksheet : making a snowman. Nursery rhymes : twinkle little star , hickory dickory duck, little Peter rabbit . Numbers and letters : counting up to 12 . Recognizing A B C D. Hafida先生がYellow classを担当しています。 午前中は年齢別ではなくレベル分けなので、子供達はレベルに合った内容を行なっています。 Hafida先生は、子供達を観察・分析をし、子供達に合ったカリキュラム作りをしているので子供達も飽きずに楽しんでLessonを行えています。 また、子供がLessonでわからないことがあれば直ぐに教えてくれてるので子供達の英語の吸収が驚くほどの成果をあげています。少人数だからこそレベルが上がります。 大人数の所に行く前に、基礎知識をしっかりと身に付ける事が大切です。

体操クラス:DAISUKE先生

テーマ:基礎運動能力の向上 使用音楽:きまっちょモンキー♪ 使用用具:平均台、マット、ボール、トランポリン 1;運動遊び 2:リズム体操 3:柔軟 4:平均台 5:投げる運動 6:マット(開脚前転・壁倒立) 7:トランポリン 子供達は、体操のDAISUKE先生がとっても大好きで、毎週木曜日の午後になると「今日はDAISUKE先生くる?まだかな〜?」と待ちわびています。DAISUKE先生の教えの上手さと、少人数のおかげで3歳の園児はどんどん上達しています。 人数が多くなってしまうとそれだけ練習量が少なくなってしまいます。子供達にとっては今がチャンス!!子供達は1時間びっちり練習をし弱音を吐かずに笑顔で頑張っていました。

「みんなで恐竜の壁画」

★使用画材: ペンキ、刷毛、ローラー、筆、スポンジ。 ★セッションの狙い:思い切り気持ちの発散。感性の爆発。 ★導入:あらかじめ恐竜の下絵を描いておきました。 ★メインセッション: ハケや手や筆、ローラーを使っていろいろな色のペンキで塗りました。みんな絵の具を混ぜることが大好きで、途中本当に素敵なペイントになった瞬間があったけれど、結局色々な色が混ざりすぎて、濁った色になってしまいましたが、それもいい経験になっていると思います。 引き続き、次回以降もこの壁画の続きを描きますので、もうちょっと美しい色味になるようにみんなで手をいれようかとも考えています。 今日も子供達は積極的に参加して、ハケや筆だけでなく、何度もいろいろな色で手形スタンプしていました。最後はローラーが気にいって、ずっとコロコロ転がして茶色い色を塗っていましたね。沢山の色を使ってくれて、ピンクも作ってー、など色のリクエストも沢山くれました。壁画描き気にいって最後まで残って描いていました。引き続きどんな壁画を描いてくれるのか楽しみです。

サイエンスクラス:CHIHARU先生

本日は、重曹とお酢を使って風船を膨らませる実験をしました。風船がみるみる膨らむ理由は、お酢と重曹を組み合わせることで、炭酸ガス(二酸化炭素)が発生するからです。化学変化を楽しみました。 お酢… 120ml 重曹 …お酢120mlに対して5g 実験につかうもの 風船、空のペットボトル(※炭酸用ペットボトル500ml、600mlがおすすめ) 子供達は、最初お酢の匂いをかいて「いい匂い!」と喜んでいました。次はお酢をなめて、”どんな料理に使われているのか?”を考えました! 重曹を風船に入れる作業は大変でしたが、子供達は黙々と上手に入れる事ができ、みんなの風船は大きく膨らみました。化学反応で風船が膨らむ様子を見て子供達はとても驚いてましたが、最後は風船に沢山絵を描いて遊びました。

ピアノ・リトミッククラス

はじまりのごあいさつ(きをつけ・礼) ①ウォーミングアップ(使用曲:ジングルベル) ②クリスマス会の練習 ・ロール鍵盤 連打、連なる音、両手 (使用曲:ジングルベル) ・鈴 様々な鳴らし方の練習 (使用曲:天国と地獄) ③効果音付き絵本(使用本:どんなかお) ④BGM付き絵本(使用本:おちばがおどる) おしまいのごあいさつ(きをつけ・礼) 本日もクリスマス会の練習をしました。前回より少し先に進みましたが教えたことをすぐに一緒に練習し、すぐに弾けるように。上手にできて更にやる気満々な子供達でした。

「フルーツの絵を描こう」

★使用画材:画用紙、クレヨン、水彩絵の具、マーブリング絵の具。 モチーフ:パイナップル、みかん、りんご。 ★セッションの狙い:観察力。イメージ力。色の混ざり合いの面白さ体験。最近あまり絵の具を使ってなかったので、クレヨンが絵の具をはじいて面白い表現ができることを体験してもらいました。 ★導入:本物のパイナップルをよく観察してもらいました。 ★メインセッション パイナップルやリンゴの形に用意した画用紙でマーブリング。素敵な模様のフルーツを作りました。その後クレヨンと絵の具でパイナップルの絵を描きました。こういう純粋な絵画制作も時々カリキュラムに入れていきます。SVAの子たちは、みんなとても生き生きとしてのびのびしていた豊かな発想力、表現力を持っているので、今後、海外の絵画コンクールなどにチャレンジしてみたいと思います。

日本語学習:CHIHARU先生

1:ご挨拶 2:乗り物カード 3:その乗り物に乗ってどこに行きたいですか 4: 同時並行処理能力 5:フラミンゴ競争 6:プリント 7:絵本(お日様と北風) 本日は、同時並行処理能力のレッスンをしました。まずポットの名前をお伝えして、注ぐためには傾きなどを意識しなければならないことを実際に取り組みながら、お伝えしました。また、線まで水を注ぐのに目線を線に合わせて低くする事も重要です。 また、トレーに乗せ、バランスを意識しながら歩きました。2つを意識することは大変難しい事ですが、徐々にできるように練習をしていきたいと思います。

Science Class

今日は食紅を使用し、水に色をつけ、水がどう動くか?色水がどのように変化をするか?の実験をしました。水の動きは遅いので、今日は今日の実験の記録をし、明日どうなったか見る事にしました。 ①食紅の色は何色? ②スポイトを使う練習 ③スポイトを使って色をつけよう ④紙で橋を作ろう ⑤紙の色はどうなったかな? ⑥記録をつけてみよう。 食紅を始めて見た子供達。"難しいかな?"と思っていたスポイトも、すぐに上手にスポイトで食紅の粉を取り、水に入れる事ができました。みるみる水に色がついていく様子を見て、この後どうなるのかワクワクしていました。色と色の組み合わせで何色になるか、記録も上手に描く事ができました。

ART:お菓子のおうち

★使用画材:食パン、ピーナッツバター、チョコレート、クッキー、グミ、ポッキー、クラッカー。 ★セッションの狙い:想像力、デザインセンス、造形センスの育成。日常のものをアートにする心。 ★導入:この時間はつくるだけで、食べないように指示してはじめました。 ★メインセッション:事前に、簡単に家の形にカットした食パンを用意して、オーブンで焦げ目をつけておきました。子供達にはそこに、様々なお菓子をピーナッツバターで貼り付けていってもらいました。 本日朝一番にパン屋さんに新鮮な食パンを買い付けにいき、お菓子も全て、授業の直前に買い付けたもので、衛生面も注意をはらって授業しました。みなさんこちらの想像を超える素敵な作品ができましたので、食べずに飾っておいてほしいと思いました。 お菓子の家作りというのは、やはりいつの時代の子もワクワクする様子で、始まる前から子供達はとてもテンション高かったです。そして、みんなから次々と湧いてくる素晴らしい発想にとても感動しました。 今日もアートの時間が始まる前から子供達は準備中の先生のところに何回も来て、「今日はなにするの?」と興味深々で楽しみにしていてくれました。お菓子を貼り付ける作業に夢中になっていました。いつもながらに子供達の集中力がすばらしいかったです。また、思考の柔軟性があって、先生からのちょっとしたアドバイスも素直に取り入れてくれますので、どんどん素敵な作品ができていきました。たくさんのお菓子を貼り付けましたが、細部までこだわってデザインも魅力的なお菓子の家になりました。細部を作っていても、全体のバランス感覚がとてもよいのだと思い

Jobs, English Introduction

Today’s Curriculum: Focus: Jobs, English Introduction Review: Days of the week, Food (Fruits and Vegetables), Emotions, Colors, Numbers, Alphabet, Animals 今日のLessonで子供達は元気いっぱいで活発でしたが、お友達同士テンションが上がり楽しんでいました。子供達は英語で短い文章を話すことに自信を持っていることに気づきました。いつもは優しい声で発言していた園児も今日は大きな声で発言してくれました! また、「私のお気に入りの食べ物」‘My favorite food’.という新しい紹介文を学びました。

サプライズゲスト!!

10月末でJaimie先生のLessonは終了いたしましたが、この日、Jaimie先生は本物のアメリカ兵のお仕事をしている大きな男性をゲストとしてSVAに招待してくれました。子供達はミリタリーの格好をした大きな兵士に驚いていました。そしてすぐに打ち解けていました。 最後まで子供達のことを1番に考えてくれてありがとうございました。Jaimie先生はSVAや子供達にとっても素敵な先生でした。

© 2016 by SVA Holdings inc.

  TEL :              MAIL:  info@siliconvalleyacademy-school.com      〒 152-0023 東京都目黒区八雲5-11-21

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

03-5726-9763